知り合いの会社で引越しをした時の話(赤帽で引越し)

 

赤帽に依頼したきっかけは何ですか?

赤帽の引越しを依頼するのは、ちょっと待って!

大手の引越し専門業者は高そうなので、
知り合いが経営している運送会社(赤帽)に頼みました。
相談しやすいのはもちろんですが、知り合いがゆえ融通が効いて良かったですよ。

 

知り合いだから安心して部屋まで運んでもらえますしね。

 

専門業者ですとなぜか恥ずかしい気がして、生活感を知らない人に見られてしまうとか。
でも、業者だからそんなことは気にしないと思うんですけど、やっぱり業者も人だから見られると恥ずかしいですね。

 

赤帽は軽トラックを貸し切りで好きな感じに入れられるのも良いと感じました。

 

困ったことはやはり荷物用の段ボール箱がないってところですね。

 

もちろん段ボール箱は近所のスーパーなどで自分で集めてくる感じですね。

 

お金に余裕があれば引越し専門会社を利用した方のがスムーズに終わりますね。

 

 

引越し準備でこれはやっておいた方がいいことはありますか?

 

赤帽の引越しを依頼するのは、ちょっと待って!

引越しのコツはやっぱり
日頃からいらない使わないものは処分がいいですよね。

 

今はリサイクルショップが有りますので引き取ってもらえそうなものはリサイクルショップに持ち込み
これは無理だろうって思うものは廃品回収やチリ紙交換会社や決められた日にゴミとして出してしまうと引っ越しの時に荷物が少なくて良いですね。
使わないけど思い出の品物は実家やトランクルームを利用すると引っ越しの時に楽になりますね。

 

荷造りはなるべく同じ大きさの段ボール箱を用意するとトラックに積む時に崩れにくくて運転手さんも走りやすくなるかもしれませんよ。

 

平ボディの場合もあるので水濡れしないようにビニール袋に分別してから段ボール箱にいれるのも良い方法かと思いますよ。

 

引越し業者の選び方と赤帽での引越し体験談

 

過去、複数回引越しをして感じたことをまとめました。

 

不動産業者が紹介する物件の三軒目が入ってほしい物件と聞きます。

 

最後に良く見える物件を紹介するのだろうと思いますが、大抵、予算オーバー物件です。

 

あとは、過去8回の引越しを経験した者としては、不動産は地元にある小さなところも良いのですが、実績がある不動産会社が良いです。

 

仲介サービスにお願いすると、契約後トラブルがあっても、まったく大家さんとの間に入ってくれません。

 

管理はやってません、の一点張りです。

 

また、地元では有名と言える不動産でも、接客が信じられないほど悪いところもあります。

 

そういった不動産は、解約時におそらくいろいろあります。

 

退出したクリーニング代の詳細を明かさない、敷金がなかなか返ってこない、等。

 

引越し業者も同じです。

 

大手だから、有名だから……といって絶対に親切とは限りません。

 

見積もりなどであちらのスタッフと話して見極めたりネットや友人の情報をたくさん仕入れてください。

 

今のところ、良かったなと感じたのは赤帽や隆星引越センターなど、比較的中小業者寄りの所ですがこちらも人によるのかなと。

 

人をつなぐのは人です。

 

引越しをする際も、不動産を紹介してくれる人、大家さん、引越し業者の人、人を見極めて動いたほうが良いです。

 

赤帽で引越しをした時の事

 

私は今日部屋を決めて、明日引越しという経験があります。

 

その時お願いしたのが、赤帽さんでした。

 

もちろん、梱包も終わっていないままでした。

 

男性一人で来ていただいたのですが、嫌な顔ひとつせず、手伝ってくださいました。

 

テレビや冷蔵庫など、絶対に女一人では持ち出せないものも、一人でやすやすと運んでくれ、助手席にも乗らせていただきました。

 

荷物も多く、二往復もお願いしましたが、びっくりするほど安く、最後まで笑顔でした。

 

新居では、洗濯機やテレビ、冷蔵庫の設置までしていただきました。

 

もうお世話にならないかもしれない人間にここまでサービスしてくれるのかぁと、その時は感動しました。

 

個人で請け負う業者ならではのサービスなのかもしれませんが、お金をかけたくない私には最適でした。

 

更新履歴